320通信191

| コメント(0) | トラックバック(0)
 

[320通信その191]           平成30年2月

社員ならびにご家族の方々へ

○○○経営?

 

こんにちは、岡田光生です。平昌オリンピックも終わろうとしていますが、日本人選手が大活躍でしたね。韓国との時差はないので、テレビ観戦もあまり負担にはなりませんでした。フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦選手、スピードスケート女子500メートル 小平奈緒選手の金メダルにはそれぞれドラマがあり素晴らしかったですね。

スピードスケート女子チームパシュートの金メダルには大興奮でした。中盤でオランダに先行された時はどうなるかと思いましたが、終盤見事に逆転してくれました。個人の記録では到底かなわないメンバー構成でしたが、チーム力を発揮しての勝利です。日本チームの三人の一糸乱れぬ滑る姿は本当に美しかったです。日本の和の勝利でした。

個の力を高めるは必然ですが、それにチームが一体となれば、112ではなく34の力を発揮するのでしょう。当社もこうありたいものです。

 

先日、井村屋グループの浅田会長の講演を聞きました。「一人の百歩より百人の一歩」を大切にすると言われました。会社経営の大事なところは、一人の社員の百歩に頼るのではなく、百人の社員に一歩進んでもらうという地道な前進です。そちらのほうがはるかに会社の経営基盤は強くなります。

また、会社の経営は短い言葉で言い表せと言われました。そうすると、会社の方針や目指す方向が浸透すると言われました。井村屋様なら「特色経営」であると。これは人の真似をしない経営であり、独自の能力を追求することであります。それが「あずきバー」や「やわもちアイス」の開発につながりました。また、今後は「アスリート経営」を目標にされています。それは、高品質でコスト・生産性にたけ、変化対応への強化を図る経営ということでした。

 

さて、当社はどんな「〇〇経営」が当てはまるでしょうか?

ちょっとダサい?かもしれませんが、「孫の手経営」はどうでしょうか?当社は、お客様のお困りごとを解決したいと日々思っています。お客様の仕事の痒いところに手が届く営業、経営を目指しています。社是も「トータルパッケージの提供により・・・」とありますが、最近は「トータルパッケージの提案により・・・」と変更したほうがいいかもわかりません。いつもお客様視点で経営をしたいということです。

あるいは「パシュート経営」はどうでしょう?「そだねー」と聞こえそうです。(女子カーリングに興味がないとわからないかも?)

誰かいい案「○○経営」提案してくれませんか?

 

 昨年、当社は設立60年となる節目の年度を迎えました。と言っていましたが、決算期が60回を迎えたという年度であり、登記上は今年が60周年に当たります。もう1年チャンスが生まれました。周年の年度に大きく飛躍できるように、全員が変化し続けましょう!

 

「素敵な会社をつくりましょう! ~ いつまでも・どこまでも ~」 信頼と未来を包みます 

岡田パッケージ株式会社 代表取締役社長 岡田 光生

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-packs.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/215

コメントする

このブログ記事について

このページは、mitsuoが2018年2月24日 13:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「320通信その190」です。

次のブログ記事は「320通信その192」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。